エピソード1 - 自分の健康の歴史と薄毛の関係

|
まずは、私が自分の薄毛に気付くまでのエピソードを語りたいと思います。

【私の家族構成】
私自身、恐らく皆さんと同じで自分が禿げるとは思ってもいませんでした。 しかし、よく考えると父、祖父 は見事に禿げており、そういう意味では私も予備軍だったのかもしれません。。
しかし、父の兄にあたる叔父は今でもフサフサなんですよね。 何故でしょうか?
私なりに分析してみたところ、あることに気付きました。
いろんな書籍で謳われているように、確かに "禿げは遺伝します" 。しかし、正確にはこの表現は間違っているのです。
"禿げ易い体質が遺伝します" が正しい表現なのです。
では、なぜ叔父は禿げていないのでしょうか? これにはある理由があったのです。

【私の髪の歴史】

~高校時代まで~
まあ、私は大学に入るまで北海道の田舎で暮らしていたこともあり、あまり"禿げ"に関する情報は持ち合わせていませんでした。今は都会に住んでいますが、すごいですね! 高校生の若者が親の遺伝を気にして育毛剤に手を出している時代なのです。。。 この年代でも自分の髪に元気がなくなってきている事を感じているのでしょう。これは少なくとも私が住んでいたような"田舎"には全く無い光景です。おそらく都市圏の生活環境が若年薄毛を進行させているのでしょう。 この理由についても調査してみましたので後ほどご紹介します。

前振りは以上として、本題の私の髪の歴史を語りたいと思います。
私は少なくとも大学に入学するまではフサフサでした。(大学から上京しました)
フサフサというよりは誰が見ても「剛毛」で、逆にこれを悩んでいたくらいです。 髪が細いサラサラヘアーの友人に憧れたものです。 私の毛根は太く、一つの毛穴から3~4本の剛毛が生えていたくらいでしょう。今、冷静に顧みるとこの状態を保てたのには幾つか理由があったようです。
① 運動 : 私は小学校→高校まで運動部で汗を流していました。 それはもう激しい部活でした。
② 睡眠 : 部活で疲れて帰ってくるということもあり、23:00 には就寝し、7:00 には起きていました。理想的な睡眠ですね。
③ 食生活 : 当然ですが、母親の手料理を毎日食べていました。 種類に偏りは全くありませんでしたね。。また、田舎なものでファーストフード等のお店も無く、学校の帰りに寄り道する所も無く、間食は一切やったことがなかったですね・・(笑)。
④ 洗髪 : 毎日部活をやっていたこともあり、毎日洗髪していました。

どうですか? 皆さん。 こんな健康的な生活を送っている人間の髪が薄くなるはずが無いのです。
栄養も過ぎるくらい蓄えていたでしょうし、運動でそれを十分に消費し、体も十分休めていました。また体に悪いことは一切やっておらず、頭皮の状態も当然良かったんだと思います。
上にも書きましたがむしろ剛毛すぎて困っていたほどです。

~大学時代~
上述したとおり、私の高校までの学生時代はほんとに真面目な生活そのものでした。
東京の大学に合格し、進学するまでは・・・・。
大学に入学して私の生活は一変しました。 まあ、人間として一気に羽を伸ばしてしまった、というところでしょうか。
① 運動 : 一応運動は続けていましたが、まあ部活ではなかったため回数は減りましたね。
② 睡眠時間 : それはめちゃくちゃでしたね。 夜更かし当然。 朝方就寝も珍しくなかった。
③ 食生活 : 自炊は殆どしなかったので、常に外食でした。ファーストフードでの食事も増え、特に魚海類は殆ど口にしなくなりました。(東京は魚介類より肉類の方が高くて驚きました)
④ 洗髪 : 汚れが気になりだしたら洗髪するようになりました。 1回/3日 ペースくらいでした。
さらに加えると、お洒落に気を使い出したため、頻繁にパーマを掛けてましたね・・。更にタバコもはじめました。

こうやって冷静に 高校時代 と 大学時代 を比較すると、身体の健康、つまり髪の状態に差が出て当たり前ですよね・・・。
実際、上京&大学入学と共に髪は一気に細くなりはじめました。 でも上述でも触れましたが剛毛に嫌気が差していた私は暫くはこれに好印象を抱いていた始末でした。 これが大学4年頃になると無視できない薄さになり、かなり悩んだのを覚えています。 そこで、当時 育毛に関する知識が全く無かった私は、まんまと "大手育毛サロン" の罠にはまっていくのです・・・。 これについては次のエピソード2でお話したいと思います。
しかしながら、多少 育毛に関する知識がある今だから冷静に「馬鹿だなあ」とこう思えるのです。その当時はこんな冷静な思考回路は当然持ち合わせていませんでした。

~サラリーマンになって~
髪は細くなり薄くなりましたが まだ他人にバレるほどの状態ではなかったため、まだ危機感がなかった私は「片手間に育毛」 という感じでした。 以下の通り。
① 運動 : 趣味レベルで運動を続けているので、「運動不足」にはあてはまらないと思います。
② 睡眠時間 : 仕事のためさらに酷くなり、夜中2時過ぎ頃に寝るのが当たり前になりましたね。
③ 食生活 : 相変わらす外食中心で、肉食中心でした。
④ 洗髪 : これは改善しましたね。 毎日意識して洗髪するようになりました。また、育毛剤も使用するようになりました。
加えると、私はコンピュータの前に座って仕事をしている時間が長いため、目の疲れ、肩のコリを気にするようになりました。
当然ですが、髪の状態は学生時代に比べ 一層薄くなりました・・・。 上述したとおり、 "大手育毛サロン" に5年間通い続けましたが育毛については全く効果はありませんでした。(詳しくはエピソード2以降でお話します)

社会人になって5年目(大手サロンに通いはじめて5年目)で、私の"常識"に大きな変化が現れました。ある出来事により 「育毛/発毛は非常に難しいものであり、効果を期待するならそれなりの大金を覚悟しなければいけない。」というこれまで抱いていた"常識"がもろくも崩れました。 (詳しくは エピソード2 以降でお話します)


~現在の私~
① 運動 : 趣味レベルで運動をまだ続けています。
② 睡眠時間 : 24:00 には就寝するよう心がけています。
③ 食生活 : バランス良い食事を心掛けると共に、サプリメントを併用するようになりました
④ 洗髪 : もちろん毎日。 いろいろな小道具(笑)を使って常に綺麗な頭皮を保っています。
当然ですが、育毛剤も使っています。 これまで日本の大手育毛/発毛サロンから紹介されていた馬鹿高い育毛剤からは卒業し、現在は費用効果の高い海外の発毛剤を愛用しています。 日本の育毛/発毛剤は高いだけで効果は見込めません。(詳しくは 発毛の王道 - 育毛剤・発毛剤 に記載しています)
まだ自分の髪を完治させるまでには至っていませんが、調子はすこぶる快調です。


では、一応 私の髪の歴史を語ったところで、これまでの話の中で中途半端に終わっていた疑問に話を戻しましょう。

★ 私の叔父はなぜ禿げていないのか? ★
叔父も同じ田舎の同じ環境に住んでいました。
また、叔父は学生時代から運動部で活躍していました。
叔父は私のように田舎を離れることは無く、現在までずっと田舎で生活しています。食生活もおそらく規則正しく、体に害を与えるような食物は生まれてこの方 口にすることは殆ど無かったでしょう。
つまり、人間の髪の状態と、人間の健康状態 は比例しているということです。私が学生時代までおくっていた規則正しく健康的な生活を、叔父は現在の年齢(50くらい)までずっと続けていたことになります。 この差が出ているのです。
また、叔父は何時だったかこんな事を言ってました。
「親父(私の祖父)、弟(私の父)の髪が薄くなっていることを実は気にしていた。その危機感から俺は毎日頭をマッサージしていたよ。たぶん、それが良かったんだな。」
余談ですが、私の父は若い頃 上京して生活しており、それは生活はめちゃくちゃだった、とのことです。やはり"この差"ですね。

★ 東京の学生は、なぜ早い時期から育毛に悩んでいるのか?
私なりの分析結果です。
○ "大手育毛サロン"、メディア が必要以上に "禿げ" に関する情報を流しすぎ。それに敏感に反応しすぎ。
○ これが原因で間違った育毛を行い、逆効果を生んでいる
○ 生活環境が悪い。 学校の帰りに、喫茶店、ファーストフード等、誘惑が多い。
○ やはり生活環境が良くない。空気がまずい、遊び自体が健康的ではない。(これは田舎者の僕にはとてもギャップを感じます)

育毛に励んでいる方は、どうしてもメディアの影響に流され、「育毛剤」、「発毛剤」の選択に神経を集中してしまいがちですよね。 これは間違っているのです。
まずは健康な体を作ることが大事なのです。 不健康な体に幾ら有能な薬を使っても効果は期待できません。
私の知る限り、発毛に成功した人は必ずこの2つの要素 「体の健康」、「自分に合った育毛/発毛剤の選択」が両方満たされています。
「育毛剤」、「発毛剤」 が必要不可欠であることには間違い無いのですが、「いつ髪が生えてもおかしくない状態の頭皮に対して "キッカケ" を与えるものである」 と考えるべきなのです。

続きは エピソード2 へ




このサイトはリンクフリーです。上の画像を右クリック-プロパティでURLリンク情報を入手してご利用ください。