発毛研究コラムの最近のブログ記事

発毛研究コラム

|

栄養の許容上限摂取量

|

育毛・発毛を本当に実現するには、発毛に必要な栄養素の摂取が不可欠であることは 「発毛の王道~食事/サプリメント」で解説しました。


日本の厚生労働省等が提示している「日本人の栄養所要量」では、栄養素によっては「許容上限摂取量」が提示されています。 例えばビタミンAの「許容上限摂取量」は5000IUとなっています。
しかしながら、私達が摂取する海外サプリメントは平気で1錠あたり20000IUを含有しています。 これはおそらく誰もが気付く疑問であるはずです。 果たして私達はこの疑問をどう考えれば良いのでしょうか? 今回はこの疑問をリサーチしました。


まず、「許容上限摂取量」の定義を見てみましょう。
「一方、過剰摂取による健康障害を予防する観点から、特定の集団においてほとん どすべての人に健康上悪影響を及ぼす危険のない栄養素摂取量の最大限の量を「許容 上限摂取量」とした。」
参考 : 日本人の栄養所要量について


う~ん、つまり私達がナーバスに考える "上限" とはちょっと異なるようです。
アメリカ製のサプリメントに入っている栄養素の量は日本製のサプリメントに入っている栄養素の量よりも多い傾向にあります。 これは、FDA=米国食品医薬品局の提示するRDA(所要量)と日本の厚生労働省の提示する所要量に大きな違いがあるからです。
また、米国の栄養学の専門家の推奨により、サプリメントによっては、RDA(FDA=米国食品医薬品局が推奨している1日に必要な摂取量)を大幅に超える量が一回分の服用量に含まれている場合もあります。 つまり、RDAはあくまでもFDAの提示する一般的な目安であって、絶対的な物差しでは無いということです。
また、こうした基準値すらリサーチ結果などによって度々更新されています。実際の必要量は生活習慣によって大きな個人差があります。あくまで基準値は参考にした上で、自分に合った量を飲むのがお勧めです。
ラベルに表示されている摂取量の目安は、平均的なアメリカ人の体格(体重60kg)を基準にしています。
例えばビタミンAで言うと、1錠あたり20000IUという場合は、ほどんどがベータカロチンの形で配合されています。ビタミンAは脂溶性であるため、大量に摂ると過剰症をおこしますが、ベータカロチンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換され、蓄積の心配がなく、過剰症も起こさないといわれています。


結論としては、きちんとしたメーカーが出しているサプリメントであれば、特にこの点をそれほどナーバスに考える必要は無い、ということでしょうか。 もちろん最近は日本でも病院で「サプリメント科」というものができています。心配な方は診断して頂いた方が無難でしょう。

発毛を志す方なら誰でも知っているであろう「ハミルトンの実験」。
基礎の中の基礎知識ですが、このサイトを立ち上げた手前 まずは基本に立ち返ろうと思います。
今日は「ハミルトンの実験」をおさらいしたいと思います。

ハミルトンの実験(1942年、J・B・ハミルトン、米) ~男性ホルモン性脱毛症について~
昔から精力絶倫の人はハゲになりやすいと言われています。体毛が濃い人もハゲになりやすいと言われています。
このような人は男性ホルモンの分泌が普通の人より活発なのですが、確かに男性ホルモンはハゲと無関係とは言えないのです。
男性ホルモンはテストステロンという物質です。テストステロン?
今年のアテネオリンピックでも話題になりましたよね。 そう、ドーピング検査で使用禁止になっている筋肉増強剤がテストステロンです。
女性にテストステロンを注射すると筋肉が男性化し強くなります。しかし、声が低くなったり、脱毛するという副作用があります。テストステロンには頭髪を脱毛させる作用がもともとあるのです。
男性ホルモン(テストステロン)が脱毛の原因であることを示す顕著な事例があります。中国の王朝時代に宦官という役人がいましたが、この人たちは去勢されていました。彼らは子供のような声をして、髭もありませんでした。長い髪を結い、もちろんハゲの宦官などいませんでした。
つまり、男性ホルモンを分泌し精子を作る睾丸を取るとハゲないと言う仮説を実験で確かめた研究があります。
これが「ハミルトンの実験」です。

この実験では、男性ホルモンがハゲの原因になるという次のような結果が導かれました。
1. 去勢された男性、つまり睾丸を摘出され男性ホルモンを作り出せなくなった人はハゲになることはなく、ハゲ進行中の人の睾丸を摘出するとハゲはそれ以上進行しない。
2. ハゲ進行中に去勢され、進行が止まっていた人にテストステロンを注射すると、再びハゲ始める。
3. もともとハゲていなかった男性は、去勢されたあとテストステロンを注射してもハゲない。
男性ホルモンはハゲになる要因の一つではあるが、その分泌量が過剰だからといってハゲるのではなく、もうひとつ別の要因(受容体)がこの中間にあり、この二つの要因が結びついて初めてハゲることが分かりました。
言い換えると、この二つの要因を持った人がハゲる体質ということなのです。
では、もう一つの要因とは何でしょうか?
頭皮の毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素5αリダクターゼです。
男性ホルモンが毛根の毛母細胞に入ると毛根は細胞分裂をやめてしまいます。しかし、毛根に大きな悪影響を及ぼすのは、実は睾丸で作られるテストステロンではなく、テストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで生成されるさらに強力な5αジヒドロテストステロン(5α-DHT)という活性男性ホルモン(通常の男性ホルモンの5~10倍)なのです。
※ 毛乳頭や皮脂腺には5α-リダクターゼという酵素が存在 し、この酵素の還元作用でテストステロンは5α-DHTに変化します
若い男性の睾丸ではどんどんテストステロンが作られます。これが毛乳頭と皮脂腺で多量の5α-DHTに変化し、毛母細胞に運ばれます。5α-DHTは毛母細胞が細胞分裂するときに起きるタンパク合成を邪魔し、別のタンパク合成をすることにより、細胞分裂が止まってしまうのです。そのために早々と毛母と毛乳頭が離れてしまいます。
つまり、本来なら最低でも二年ある成長期が半年か一年で退縮期から休止期へと移行してしまうのです。
これが男性ホルモン性脱毛症の原理の全てです。
~なぜ僕らだけハゲるのか?(泣) ★ハゲの遺伝要素★
若年者であれば誰でも男性ホルモン(テストステロン)は過剰・活発に分泌されています。 ここまでは皆 同じ条件を持っています。
復習ですが、テストステロンが5α-リダクターゼの還元作用で5α-DHTに変化し、この5α-DHTが毛母細胞の細胞分裂を抑制するというのが、男性ホルモン型脱毛の生理学的な仕組みです。
つまり、親から遺伝されるハゲ要素は、体内での5α-リダクターゼの生成量の違いということになります。
なぜ5α-リダクターゼが多い体質が作られるのか、どうしたらこの物質の体内生成を減らすことができるのか、これらのことが解明されれば、真の医学的なハゲ克服も夢ではないと言われています。
ここで脱毛するまでの流れを整理しましょう。
①男性ホルモン(テストステロン)の過剰分泌
②頭皮の毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素5αリダクターゼの過剰分泌
③5α-リダクターゼの還元作用で、テストステロンが強力な男性ホルモン5αジヒドロテストステロン(5α-DHT)に変化
④毛母細胞が細胞分裂が休止要はこの流れを何処かで断ち切れば良いのです。 何処で断ち切るかを謳い文句に世界にはいろんな商品が存在しています。
終わり・・・・と言いたいところですが、これくらいの情報はどのサイトでも紹介されています。
本サイト 生髪~IKIGAMI はもう一歩踏み込んだ理論により多角的な治療方法を考案しています!
皆さん、もう少しお付き合いしてください。 もう少し頭をリフレッシュして考え直してください。
ハゲの要因には 先天的要因 と 後天的要因 の2つがあります。 先天的とはまさに上述の要因です。
では、後天的要因とは何でしょうか?
「脱毛症の若年化」 という言葉を聞いたことはありませんか? そうです、日本人の薄毛年齢は戦後 着々と若年化しているのです。 特にここ数年の若年化はもの凄いスピードで進んでいます。 この理由は何でしょうか? 以下のような理由が考えられています。
● 日本人が本来補給すべき栄養素が、普段の食事からでは賄えなくなっている
● 生活が不規則
● 基礎体力が落ちている(昔に比べて運動しなくなった)
● 毛髪の脱色/パーマなど、髪型をいじりすぎることで頭皮を慢性的に痛めつけている
他にもいろいろあると思いますが、大きな要素はだいたい以上でしょう。
「本気で髪を蘇らせたい方をご支援するサイト 生髪~IKIGAMI」 ではこれら脱毛症の原因となる先天的/後天的要素を全て潰していくことで、多角的な治療を行い、確実な発毛を実現するための方法を惜しみなく紹介しています。
世間の発毛専門サロンも上記理論を基に様々な商品を開発しています。 さすが "発毛専門" を謳うだけあってそれら商品は全て理に適ったものばかりです(私自身 7年間 いろんな発毛サロンに通った経験者です)。 しかしながら、とにかく費用が高い! まあ、商売だから仕方ないんでしょうが、私が思うに、もう少し良心的な価格設定を採用すればもっと会員は増えるでしょうし、会社の利益も上がっていき、お互い Win-Win の関係になれるのではないでしょうか?このご時世、商売は 「薄利多売」 ですよ! (と筆者は思う)
いずれにせよ、私自身はもう育毛・発毛に大金を叩くことはできません。 そこで、私はこの多角的な治療を、大金を叩かずとも実現する術を見出しました。
さて、ご理解と共感を頂けた方は是非 「発毛の王道」サイト に進んで頂ければ幸いです。

5α-リダクターゼには2つのタイプがある?

|
最近の研究によると、酵素5αリダクターゼにはタイプが2種類あることが分かってきました。

Ⅰ型5αリダクターゼ ・・・ 陰毛、腋毛、ひげ、頭髪など、発毛部分に満遍なく存在する。 頭皮の毛根では皮脂腺に存在する。
Ⅱ型5αリダクターゼ ・・・ ひげと前頭部に集中して存在する。頭皮の毛根では毛乳頭に存在する。

特にⅡ型5αリダクターゼは身体全体の5α-DHTの約70%を分泌しているそうです。 ところが、ひげと前頭部の毛乳頭に共通するのは、男性ホルモンに極めて過敏に反応するということだけで、一方はひげを伸ばし、他方は脱毛の指令を出しているため、その応答はまるで正反対です。
これは男性ホルモンのレセプターが5α-DHTを感知するところまでが共通であり、その先のメカニズムが違うためです。
このⅡ型5αリダクターゼを抑制する商品はいろいろとありますが、本当に効果が出ているかどうかの物差しはひげの成長が早いか遅いかを指標にできます。
5αリダクターゼ 抑制対策としては、どちらか片方というよりは両方を抑制するの効果的のようです。

打倒!5αリダクターゼ!

|
今日は「打倒!5αリダクターゼ!」 を合言葉に現在までに解明されている5αリダクターゼ抑制方法を書き記していこうと思います。
前回のコラム「僕らは何故ハゲるのか? 「ハミルトンの実験」から学ぶ」では、脱毛に至るまでの流れを以下のように表しました。

1.男性ホルモン(テストステロン)の過剰分泌
2.頭皮の毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素5αリダクターゼの過剰分泌
3.5α-リダクターゼの還元作用で、テストステロンが強力な男性ホルモン5αジヒドロテストステロン(5α-DHT)に変化
4.毛母細胞が細胞分裂が休止

要は今回のコラムでは、上記脱毛要因の中でも特に遺伝による影響が大きいと言われている 2 の"酵素5αリダクターゼの過剰分泌" をなんとかして食い止める方法は無いのか?をトピックにしたいと思います。
早速ですが、皆さん、プロスカーという医薬品をご存知ですか? これは米国のFDA(=米国食品医薬品局)で認可されている前立腺肥大治療薬です。 日本ではまだ手に入れることができません(米国からの個人輸入という手段で手に入れることはできます)。

★前立腺肥大とは?★
前立腺肥大症は男性の更年期障害として知られ、「尿の出が悪い」「キレが悪い」「夜、何回もトイレに行く」といった下半身の障害です。
人間は年齢と共に男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減っていきます。しかし、前立腺は生殖能力を維持するため積極的にテストステロンを取り込もうとし、前立腺を肥大させる結果となります。 もう少し詳しく説明すると、精巣から血液中に流れ込んだテストステロンが前立腺に取り込まれ前立腺細胞内で酵素5αリダクターゼと結びつき5α-DHT に変化し、これが溜め込まれることで前立腺が肥大します。 この結果、尿毒症や尿路結石、腎不全などの原因となります。

プロスカーは前立腺肥大症の治療薬として、5αリダクターゼの働きを抑制し 5αDHT が前立腺内に蓄積することを抑制します。如何でしょうか? 脱毛の原因と似ていませんか?
そうです。このプロスカーを頭髪用に開発したものが 話題の飲む毛生え薬 「プロペシア」 という医薬品(米国FDA認可)です。
実際、5αリダクターゼを抑制している成分はプロペシアに含まれるフィナステライドです。 このフィナステライドはコラム「5αリダクターゼについて」で紹介した"Ⅱ型5αリダクターゼ" を抑制します。 非常に有効な薬であることは間違い無いのですが、抑制対象が Ⅱ型5αリダクターゼのみであること、及び 多少の精力減退(実験では2%以下)という副作用があることが残念です。そこで、出来るだけ人体に副作用がなく、自然成分を主成分とした安心感のあるものとして注目されているのが「ノコギリヤシ」です。 ノコギリヤシは自然ハーブの一種ですから日本でも(あくまで)健康食品として販売されています。
ノコギリヤシ(学名:Serenoa repens)は北アメリカ南部に広く生息しているヤシ科シェロ属の植物で、ソーパルメット(Saw palmetto)とも呼ばれています。古くからインディアンや移住者達が使用していたことから研究が進み、19世紀後半から20世紀にかけてヨーロッパでは前立腺肥大症の予防薬として使われていました。 また、ノコギリヤシの果実エキスはフランス・イタリア・ノルウェー・スウェーデンで医薬品として認可されています。特にフランスではノコギリヤシ製剤が医薬品売上げのトップ15位に入るほどの効能・人気を確立しているそうです。

★ノコギリヤシ(ソーパルメット)の力★
ノコギリヤシ(ソーパルメット)の素晴らしい効能としては以下のようなものがあります。
● テストステロンの抑制
● Ⅰ型及びⅡ型 5αリダクターゼの抑制
● 5αリダクターゼの還元作用によってテストステロンが5α-DHTに変化することを抑制
● 5α-DHT による毛根細胞への働きかけを抑制

ノコギリヤシ(ソーパルメット)はハゲの先天的要因を抑制するハーブとして非常に期待されています。
ソーパルメットサプリメントはいろんな企業によって販売されていますが、ノコギリヤシそのものの原産地が米国だけに米国産サプリメントが品質、価格共にお買い得でしょう。
日本産サプリメントはどうしても中間マージンが発生してしまいますしね。 私が調べた限りですが、参考までにオススメ商品をご紹介します。
<オススメ商品>
Nature's Bounty ソーパルメット(ノコギリヤシ)400mg :100カプセル
Nature's Bounty ソー・パルメット(ノコギリヤシ)1000mg :30ソフトジェル・カプセル
→ 1カプセルにこれだけのソーパルメットを含有させた商品は他に見当たりませんでした。更に安価です。 通常は200mg弱程度で、2ヶ月分で7000円~8000円します。
Nature's Plus プロストアクチン 男性用 60錠
→ ノコギリヤシの含有量は並みですが、発毛に良いとされる栄養素が多数ブレンドされています。
DHTブロッカー
→ DHTブロックを目的とした開発されたサプリメントです。ソーパルメットをはじめとして、発毛に有効な成分(こちらで解説)を見事にブレンドしています。




このサイトはリンクフリーです。上の画像を右クリック-プロパティでURLリンク情報を入手してご利用ください。